白内障目薬

白内障目薬

 

 白内障目薬の素晴らしさを大々的に取り上げる前に、まず、多くの高齢者が直面する白内障について色々と調べましたので簡単に解説したいと思います。

 

白内障は、周知の通り、加齢に伴う目の疾患です。加齢に伴う疾患ですが、割合は多くないのですが早い方だと40代半ばで発症される方も居ます。そして80代になりますとその割合は非常に高くなります。

 

こんな話を聞いただけで恐ろしくなりますよね。ただ白内障の進行速度には個人差があります。

 

白内障になったからと、すぐに見えにくいという現象が顕著に表れる訳では無いとされてます。

 

ただ、実は白内障の殆どが加齢に伴う物なのですが、稀に別の要因で白内障を発症するケースが有りますのでまとめてみたいと思います。

 

網膜剥離の合併症や、眼内炎・ぶどう膜炎の炎症・糖尿病・タンパク質の極端な不足や筋緊張性ジストロフィー等の他、胎内感染は風疹が原因で起こる事が有ります。

更に外的な要因でも起こりますので次の点に充分に注意してください。

 

外的要因で比較的多いのは日焼けマシンですね。勿論、注意事項に充分に留意すれば容易に回避できる事です。健康的な小麦色に憧れて通う方も多いと思いますが、日焼けマシンを使用する際は注意事項に留意して正しく利用しましょう。

 

また、通常の日常生活の中で、稀なケースではありますが、原爆やレントゲン等の放射線被曝が原因となるケースもあります。

 

こういった要因で発症した患者と加齢により発症した場合の白内障を区別する為に、加齢の為に発症した場合を「加齢性白内障」と呼んでいます。

 

 

厄介なのは先に挙げたように糖尿病による白内障の場合です。進行が非常に速いので尚の事厄介です。

 

けれど、だからといって諦める必要は皆無です!!色んな病が切らないで治せる時代!眼科の世界でもそれは同じ事です。

 

白内障目薬で凄いのが出たんです!画期的な目薬「c-nac」です。

 

 

色んな怖い疾患の延長線上の白内障でも諦めないで下さい。白内障目薬の「c-nac」試して下さい。

 

白内障原因

 

 白内障に限らず、どんな疾患にも必ず、全ての事に原因が有ります。上のコーナーでも取り上げましたが白内障の原因について改めて解説していきたいと思います。

 

白内障の原因は加齢によるものという認識が強く根付いてますが。必ずしも、そうではない事が明らかになってきましたね。

 

実は昨今、若年者にも白内障の危機が迫ってます。早い人だと40代半ばと別のコーナーで述べましたが20代30代、時に10代も白内障の危険は迫ってます。

 

若年性の場合は全身疾患やアトピー・網膜剥離・糖尿病・栄養失調・抗精神病薬の副作用・副腎皮質ホルモン・ステロイド等の副作用等、要因は色々と推測されてますが原因の特定には至っていません。

 

その要因として一部ではストレス・運動不足・食生活の偏り喫煙が背景にあるとされてます。これは色んな疾患に常に密接に関わってる所ですね。気を配り自分の意思で改善も出来る部分ですので、改善する努力をしたい所ですね。

 

色んな疾患を未然に防ぐ鍵は、まさにこういう所にあるのでは無いかと思います。

 

特に、近年、欧米風の食生活が定着した点や乱れた食事バランスに注目する専門家は多いようです。

 

 

また、自覚してる方も多いと思いますが、野菜摂取量が極端に少なく、脂肪を多く摂り過ぎる傾向に有ると思います。

 

野菜不足って、意外に軽視されがちですが、強いては緑黄色野菜に多く含まれる「ルテイン」等も必然的に不足します。このルテインって最近、よく耳にしますよね。目に非常に良い働きをしてくれるんです。

 

欧米化していく食生活や深刻化していくストレス社会で発症年齢が低下しても対抗手段は有ります。

 

白内障の原因をしっかり見極めて予防に努めつつ、発症した白内障は「c-nac」で治しましょう

 

白内障費用

 

 白内障に要する費用、凡そ、どれ位、要するか調べて参りました。目は大事です。変な話、失明などの恐れ、著しい視力の低下等があるなら幾ら掛っても完治させたいですよね。

 

白内障を患った方で、治療法の選択を迫られた時、外科的治療を選択する方も多く居ると思います。

 

 

勿論、良い選択だと思います。ただ、日帰りで簡単に出来るとは言え、片目のみで費用は3割負担で計算された場合、平均的に54,000円とされてます。

 

併せて、術前検査費用が入りますと、その額、トータルで平均的に62,000円程度となってます。

 

安くはない金額ですよね。思わず頭を抱えたくなりますが安心してください。「低所得者」でも、申請を出して通れば「限度額適用・標準負担額減額認定証」も貰えます。

 

無事に貰えましたら、それを病院の窓口に提示しましょう。これで安心して治療を受けれます。

 

と、言いつつ、選択する治療方針によっては、これ等の免除が一切適応されない治療もありますので慎重に医師と相談して決めましょう。

 

現時点で先進医療の「多焦点眼内レンズ」を希望される場合3割負担でも36万9千円となります。

 

高額療養制度の還付は有りません。但し、生命保険の先進医療特約を付けたコースに加入していると全額が支払われるケースも有ります。

 

ご自身の大切な視力ですので、納得いく治療方法を選びましょう。37万近い自己負担は大き過ぎるので、まだ進行具合に猶予が有るようでしたら「c-nac」を試してみてほしいと思います。

 

白内障治療に要する費用を少しでも抑えたい、それほど深刻な進み方では無い方は試してみて下さい。

 

白内障治療

 

 白内障の治療法、医師の方から幾つか提示されたら、自分なら、どの方法を選びますか?

 

選ぶと言うか、進行状況により治療法は勿論異なってくるのですが。病状が初期であれば初期であるほど点眼薬での白内障治療がメインになってくると思います。

 

点眼治療は、前は進行を遅らせる事が目的で行われた治療でしたが、周知の通り進化を遂げた白内障目薬は完治が可能になりました。

 

その分、勿論負担が少なく完治させる事が出来て、最低限の負担でクリアーな視界を取り戻すことが出来るのです。

 

因みに皆さん、白内障目薬can-cに限らず、目薬に苦手意識を抱いてたりしませんか?日ごろ使い慣れてないというのも有るとは思うのですが、どうにもこうにもピンポイントで目薬を落とすのが苦手です。

 

点眼する気で、目薬を落としてるはずなのに、寸前で目を閉じてしまったり、狙いを定めてるつもりで絶妙に違う所に落としてみたり。

 

そんなこんなで、いつも目薬を無駄遣いしてます(;一_一)何か良い方法が無い物かしらと、たまたま花粉症の時期に探してたら良いグッズが有ったので併せて紹介したいと思います。

 

その名は「i-drop」使い方は簡単です!目薬のボトルに取り付けるだけで使える便利グッズです。

 

どうしても、目の中を目がけて落ちてくる滴が怖くて咄嗟に目を閉じてしまう!狙いが定まらない!等使い難さを感じてる方は試してみて下さい。

 

余談は置いておいて、従来、白内障を患ってしまうと最終的には外科的治療しか有りませんでしたね。

 

勿論、進行具合によっては白内障目薬での治療では最良の結果が得られないと、医師が判断する事も考えられます。

 

そうなれば勿論、外科的治療を進められる事も有ると思いますが。

 

早目に受診すれば治療の選択肢は広げられます。今からの時代、白内障の治療も含め大きく患者の負担が軽減される治療法が積極的に採用されてくる事と思います。

 

白内障治療は、ゆっくり時間を掛けながら、けれど負担無く行っていきましょう。

 

白内障遺伝

 

 世の中、色んな病気が有ります。遺伝性等一切ない病気と遺伝する疾患。ガンや心臓病などは遺伝するとよく言われてますね。

 

なら白内障は遺伝するのでしょうか?遺伝でというより加齢によるものという認識で居るのですが。

 

通常、白内障は、このような認識で全く問題ありません。もちろん、若いうちから無防備に目を過剰に酷使するのはお勧めしません。

 

紫外線ケアを完全に怠ったりする事無く目のケアもしっかり行うように心掛けましょう。若いうちから予防するのとしないのとでは、全然違います。

 

と言いつつ、真っ向から否定するようですが、実は遺伝するタイプの白内障も有ります。

 

「先天性白内障」です。仮に家族に先天性白内障の方が居る場合は、赤ちゃんが生まれたら直ぐに眼科を受診しましょう。

 

このタイプの白内障は、生まれつき水晶体に濁りを認め、出生直後・乳幼児期・学童期等に発症するものです。

 

遺伝する心配が無い家族間で有っても、母体が妊娠中に風疹に罹りますと時に、赤ちゃんに先天性の白内障を認めるケースが有ります。妊娠中の風疹などは本当に胎児にも負担になりますので、妊娠を希望する際は、可能な限り、予防接種を受けておく事をお勧めします。

 

 

乳児の白内障は絶対に放置しないで下さい。「弱視」になってしまうと、どんな治療を試しても視力の回復が望めなくなってしまいます。

 

乳児の場合特に注意して頂きたいのが全白内障です(水晶体全体が白く濁る状態)。どんなに遅くとも生後1〜2ヶ月の期間に治療する必要があります。

 

白内障で遺伝するタイプの乳幼児期に症状が出るものは、しっかり眼科医にケアして貰いましょう。